アイキャッチ画像

コラム

Column

「家計に優しい」を支える塗装屋の3つの創意工夫

住宅の塗装というのはお金が掛かります。10年に一度、大きなコストをかけて住宅をメンテナンスするということを考えると、如何にお金の掛からない方法にするか、あるいは賢い資金繰りというのが求められます。

塗装業者も、さまざまな工夫でお財布事情に優しい塗装を達成しようと、日夜努力しているわけですが、具体的にどんな方法で家計に優しい塗装を実現できるのでしょうか。

今回は塗装屋にできる3つの「家計に優しい」を紹介します!

「家計に優しい」を支える塗装屋の3つの創意工夫

塗装業者が施主であるお客様に対して提供できる、価格面での協力には、大きく3つの道があります。

  • 受注コストを下げる
  • 長持ちする施工
  • 光熱費への機能性

わかりやすいのは、「受注コストを下げる」というもの。すなわち、施主に対してできるだけ安く施工するということです。

職人や材料の質などを悪くしてコストを下げても意味がありませんから、どこで下げるかというと、営業・宣伝費や交際費などの経費を掛けないで集客するという方法です。

大手のリフォーム会社や塗装会社は、大規模な広告やCMにお金を掛けていますが、もちろんそのコストはお客様の負担ということになります。

しかし地元の塗装屋にとって難しいこうした高コストな宣伝に対し、地域密着やご近所のクチコミなどで集客できると、シンプルにお金が掛からないということになりますので、施主に対して割引を適用しやすくなります。

近所の塗装屋が比較的安価に対応していただける傾向があるのは、そういうことですね。

塗装に備えた貯金を容易にしてくれる

別の方法で家計に優しくする方法は、一般的に7〜10年の塗装周期が謳われるところ、長持ち性能の機能性塗料を採用することによって、塗装の周期を伸ばすことができるということ。

これは「長い目で見ればリーズナブル」という言い方にもなるかもしれませんが、近所の塗装業者を選んでしかも長持ちな塗料を使うと、他社よりも安くて質の良い塗装を実施することになります。

35年で3〜4回塗装するところを2〜3回にすることができれば、新築時から数えて100万円ほどのメンテナンスコストダウンになるということですね。

冷暖房費を下げることで塗装預金ができます

塗装に備える貯蓄を容易にするもう一つのポイントは、塗装の力で屋内の室温を快適に保てるようにし、削減した光熱費の分で家計を助けるというもの。

意外と思われるかもしれませんが、例えば北海道の事例で、室内のビニールクロスに機能性塗料を塗布したところ、暖房を消してから再点火するまでの時間を通常の3倍ぐらいまで伸ばして光熱費を下げることができたという事例があります。

どの家庭でも塗装資金のための貯蓄を細々としているかもしれませんが、光熱費コストを下げることでそれが容易になり、次の塗装の時期には比較的早く資金が蓄えられているというケースが見られるようになりました。

「家計に優しい」を塗装屋のほうで実現できれば、施主も負担少なく塗装に踏み切ることができます。今後もこのような事例が増えていくといいですね。